toggle
2017-09-12

アーユルヴェーダ的睡眠

最近ヨガレッスン中に寝不足な方をよくお見かけします(;_;)

忙しい毎日を送っている皆さんにアーユルヴェーダ的な眠りについてお伝えしたいと思います。

夕方6時から10時はカファの時間帯。寝るのに最適な時間帯です。カファは休息、睡眠、癒しのドーシャです。

消化力も弱まる時間帯なのでできることなら18時前に夕食を済ませたいのですがこの社会で生きている私たちにはなかなか難しいかも知れません。

18時以降夕食をとる場合は是非軽めに済ませてくださいね。

22時以降はピッタの時間帯でお腹が空いてくるかも知れません。

この時間帯は体を休めることにエネルギーを使いたいので、ご飯を食べてしまうと消化にエネルギーを使ってしまい疲れが取れにくくなってしまいます。

ベッドシーツをマメに洗う!!

私はほぼ毎日洗います。

はじめは大変そうに感じるのですがやってみると案外できます!

毎日シーツを洗うとすっごく気持ち良く眠れるので是非やってみてください。

うつ伏せや横向きにならないで!上を向くこと!体が歪んだ状態で寝ないで。体が歪んできてしまうので要注意です。

眠れない時‥

オイルマッサージ、スパイスとギーを入れたホットミルクを飲む、呼吸を観察してみる、ベッドを清潔にする

眠れない方は是非アーユルヴェーダ的な睡眠を実践してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です